最近の記事

カテゴリー

バックナンバー

トップページ

学校行事

第17回 卒業証書授与式

2018/03/23(金)

本日、第17回卒業証書授与式が行われ、中学3年生39名が無事に卒業式を迎えることが出来ました。

Img_6462

Img_6467

教室から会場に向かうまではいつもの明るい姿が見られましたが、一旦式が始まると

一人ひとり堂々とした姿で入場してきました。

Img_6512

Img_6523

担任の先生から一人ひとり名前が読み上げられ、校長先生から証書が渡されました。

Img_6535

Img_6560

Img_6575

Img_6645

Img_6680

卒業の言葉では卒業生を代表して、この3年間を通して様々なチャレンジや困難を乗り越えてきたこと、式に参加されていたご家族一人ひとりの感謝の言葉を述べているところがとても印象的でした。

Img_6698

卒業証書授与式後、集会場にて各クラスごとに保護者の方も交えて集合写真を撮りました。

4月からはいよいよ翠陵高校生としての生活が始まります。今度は高校生の制服を着た姿で会えるのを

楽しみにしています!卒業おめでとう!

Img_6793

Img_6800

2018/03/23 学校行事 | 個別ページ

第30回高校卒業証書授与式

2018/03/01(木)

本日は第30回高校卒業証書授与式が行なわれました。今年は30期生、総勢230名が無事に卒業しました。

卒業生のみなさん、翠陵で学んだことを胸に、一人ひとりが進む舞台で活躍できることを願っています。

卒業おめでとうございます!

Img_5465

Img_5600

Img_5458

Img_5486

Img_5683

Img_5688

2018/03/01 学校行事 | 個別ページ

明日は卒業式

2018/02/28(水)

明日3月1日は高校の卒業式です。

本日は式に出席する高校3年生と2年生が予行練習を行いました。

式中の所作や合唱の練習等を行い、明日に向けての準備を行いました。

3年生の皆さんには、翠陵で過ごした6年間・3年間の思い出を噛みしめながら、明日の卒業式に臨んでもらいたいと強く願っています。

Img_5219

Img_5229

Img_5278

2018/02/28 学校行事 | 個別ページ

【中学】ウィンターキャンプ終了

2018/02/20(火)

3日間のスキーキャンプを終え、生徒たちは期末試験に向けてすでに切り替えています。

月曜日に登校した生徒たちは

楽しかった

少し怖かったけど思ったより滑れた

雪がきれいだった

上達して嬉しかった

と感想を口にしていました。

人生初のスキーを経験した生徒たちは想像よりも楽しかったようで

中学1年生はすでに来年が楽しみのようです。

中学2年生はスキー検定を受け、その結果が気になっているようでした。

後日、修了証と共に合格した級のメダルが届きます。

志賀高原までの移動は長時間ですが、雪山の大自然、ふかふかの雪、ウィンタースポーツと

横浜では味わえない醍醐味があります。

横浜翠陵はこうした自然にチャレンジする行事が多くあります。

最初は戸惑いも見せる都会の生徒たちですが、3日間を終えた生徒たちの表情はイキイキと輝いています。

平昌オリンピックでは日本選手の活躍が連日ニュースになっていますが、そんな中でウィンタースポーツを楽しめた生徒たちにとって、例年以上に思い出に残るキャンプとなったようです。

Img_0920

Img_0908

Img_0947

Img_0930

Img_0954

Img_0891




 

2018/02/20 学校行事 | 個別ページ

[中学]ウィンターキャンプ2日目

2018/02/16(金)

2日目の今日は奇跡的な晴天に恵まれました!

雪山の天気は変わりやすいですし、これまでも吹雪などの悪天候の影響で

スキー講習が満足に実施できない年もありました。

今日はインストラクターの方にも珍しい!と言われるほどの好天です。

生徒達は確実にスキー技術が上達しています。

いいぞ!

上手!

その調子!

というインストラクターの声がたくさん響いていました。

今年は生徒数も多く賑やかな集団ですが、不真面目な生徒はいません。

一人一人が一生懸命です。

午前・午後合わせて5時間近く滑って戻ってきた生徒たちは皆充実した笑顔でした。

怪我人も、病人もなく順調に時間が過ぎています。

明日は午前中まで滑り、帰宅します。

中学2年生はスキー検定を受検します。

不合格はなく、それぞれに合った級にチャレンジします。

薄っすら日焼けした生徒たちの笑顔が眩しいです。

A230d3d5d07d44adb7bb669a0680bf67

6679d55777ae44edb1a876e9c29f3a22

Fdb9d4d37b90400188cd44dbd5135247

Ebc5dd5c9e904ead9e1c7b3bfb9327ac

2018/02/16 学校行事 | 個別ページ

[中学]ウィンターキャンプ1日目

2018/02/15(木)

志賀高原に到着いたしました。

長時間の移動でも疲れを見せない生徒達は、さっそくグループごとにインストラクターと共にゲレンデにくり出しました。

お天気は曇りですが吹雪いてはおらず、スキーをするには良いコンディションです。

中学2年生は1年ぶりですが経験済みですので

上級者はさっそくリフトで上まで上がって笑顔で滑っていました。

中学1年生は人生初のスキーという生徒もいますので、

プロのインストラクターに板の持ち方から丁寧に教わっていました。

初日の今日は軽めの調整でホテルに戻ってきました。

どの生徒も頬を赤くし充実した笑顔でした。

明日は午前中からゲレンデに出てたくさん滑る予定です。

今年は雪が多くふかふかのパウダースノーです。

上質の雪の中、どれだけ上達するか楽しみです。

C2ada88e4a104d8abdb2c6f0697fde1d

435b1a7201ae47518703f88ff424f31b

C72700b7d8d04fd2bfb7c6a8ca4910a1

 

2018/02/15 学校行事 | 個別ページ

中学計算オリンピック予選

2018/01/29(月)

 平昌オリンピックを目前に控え、翠陵中学校では毎年恒例の計算オリンピックの予選が開催されました。1年生は200問、2年生は150問、3年生は120問の計算問題に40分間で素早く、正確に取り組みます。上位者は、2月下旬に決勝を行い、各学年3位までの生徒は表彰されます。優勝目指して、皆必死に取り組んでいました。

Img_7138

Img_7143

 2月に入ると計算オリンピックの決勝に加え、国語では中学読書感想文コンクールが行われます。

ここで、中学受験を控えている受験生の皆さんに向けて国語科主任と数学科主任よりメッセージを頂きましたので、ご紹介します。

【国語科】

漢字や語彙の知識など、基本的なところは最後まであきらめず見直しをしっかりとやっておきましょう。解答らんの字は大きく見やすく丁寧にを心がけて下さい!

【数学科】

受験生のみなさん、最後まで自分の力が出せるように頑張ってください!

2018/01/29 学校行事 | 個別ページ

新体操部施設訪問

2018/01/25(木)

去る1月21日(日)埼玉県川口市にある高齢者施設「道合さくらの杜」を本校新体操部が訪問し、演技を披露してきました。

今回の訪問は、昨年から勤務している部の卒業生から依頼を受けて実現したものです。

「ラ・ラ・ランド」や「八木節」、「美女と野獣」の3作品を踊りました。見ている皆さんもたくさんの手拍子や声援で応援してくださり、一緒に楽しんでいただくことができました。

終わった後も「素敵だった」「また来てね」と声をかけていただき、部員としても普段なかなか得ることのできない「楽しい」「貴重な」体験をすることができました。

S__10960899_2

S__10960900

2018/01/25 学校行事 | 個別ページ

高校数学オリンピック予選

2018/01/24(水)

雪景色がまだ残る翠陵ですが、毎年恒例の数学オリンピックの予選が行われました。

参加対象は高校1年生全員。3~4人からなるチーム対抗戦です。

数学オリンピックとは、簡単にはなかなか溶けない数学の難問を3題出題。これをチーム内で相談しながら解きます。

当日は教科書の持ち込みOK。生徒の純粋な「数学力」を問います。

私も毎年解いていますが、今年も簡単には解けない難問ぞろいでした。

今年の優勝チームはどこか、今から目が離せません。

Img_2153

Img_2127

P1231541

2018/01/24 学校行事 | 個別ページ

第3回土曜理系ゼミ

2017/11/22(水)

理系プロジェクト第3回土曜理系ゼミが11月18日(土)に開催されました。

今回は、卒業生による講演です。
2005年度卒業の中村美穂さんは、ニューハートワタナベ国際病院のオペ室で働く現役敏腕オペナースです。

医師によって遠隔操作される「ダビンチ」というオペロボットに、手術室でメスや鉗子などを取り付けるのが中村さんの仕事です。

2㎝四方の紙で見事に鶴を折るという神業の持ち主の「ダビンチ」。

その手術とはいったいどういうものなのか?疑問と期待で一杯であった生徒達の目は、実際のオペの様子を記録した映像に釘付けになりました。

次々に繰り広げられる映像も、全員が看護師志望ですからヘッチャラです。

そして、ロボット手術の最大の利点は患者さんの負担が少ないこと、という説明通り、心臓バイパス手術を受けた患者さんが、手術後3日で退院する姿に歓声がわきました。
後半は、大先輩の中村さんに質問コーナー。在学中の様子や受験勉強、オペナースを志望した理由など各自の進路に直結した質疑ができました。

Dsc01636

Dsc01639

Dsc01635

~生徒の感想より~

・ロボット手術は1999年から行われていたということにびっくりした。同じ学校出身の方ですごい看護師さんがいて、自分もなれるかもしれないと希望が持てました。

・将来は医療に関係する仕事に就きたいと思っていたが、その思いがさらに強くなりました。

・患者さんの血管や骨などをスキャン、3D化、さらには専用の3Dメガネをして可視化したり、手術の計画を立てたりと医療の世界はとても進んでいるというのを目の当たりにして、とても感動した。将来、私も中村さんのような看護師になりたいと強く思った。

今回の理系ゼミは「看護師」という特殊な職種だけあり、参加者はそんなに多くはありませんでした。しかし、それだけ特殊な職業だからこそ、感じるもの、得られるものはとても多く、生徒の感想用紙はどれもビッシリでした。

また次回が楽しみです。

2017/11/22 学校行事 | 個別ページ