最近の記事

カテゴリー

バックナンバー

トップページ

授業

実力養成試験・ステージアップテスト

2018/01/16(火)

1月15日に年明け最初のテストが行われました。

中学1年生・3年生と高校2年生は「実力養成試験」、中学2年生と高校1年生は「ステージアップテスト」です。

翠陵では、同じことを何度も反復することで「基礎力を徹底的に定着させる」ことを大切に学習に取り組んでいます。

教員室前の学習スペース「ドリカムコーナー」にはいつも以上に生徒が集まり学習に取り組む姿が見られました。

26220156_1352968731475443_810485865

26229546_1352968744808775_692803263

2018/01/16 授業 | 個別ページ

明日は実力養成試験!

2017/10/25(水)

翠陵では定期試験の他に、実力養成試験が年に3回あります。

今まで学習した内容をさらに深化させるために行うテストで、主に国数英社理の5教科で行われます。

明日はその実力養成試験が行われるということで、教員室前の勉強スペース(ドリカムコーナー)では今日もたくさんの生徒たちが、先生に質問を聞きに来たり、自習をしたりしています。

Img_0153

Img_0152

2017/10/25 授業 | 個別ページ

SGP2年目始動![being]

2017/04/27(木)

昨年度からスタートした中高一貫教育も2年目を迎えました。

本校はでこのプログラムを「SGP」(翠陵グローバルプロジェクト)と称しています。

英語力 X 人間力 = グローバルリーダーの育成

とし、グローバル社会で活躍できる意欲と資質を持つ生徒の育成を行っています。

1年目は「学びの姿勢とチャレンジする力の養成」がテーマでした。

2年目の今年度は「基礎学力の定着とコミュニケーション力の養成」がテーマです。

1年目に得た知識を「活かし」ながら、さらなるレベルアップを目指します。

さっそく、今月のSGPは「Being」(ビーイング)でした。

Beingとは日本語で「~であること」

目標達成のため、ずは生徒一人一人が互いを尊重しながら、安心して過ごせる環境作りが大切です。

中学2年生に「しん」という言葉を与え、それぞれが意識したい「しん」を考えさせ、そのために「自分ができること、他人にしてあげたいこと」「自分がしてはいけないこと、他人にしてはいけないこと」を書き、クラスに掲示をしました。

芯・伸・真・進・新・審・信。。。。

個々の意見をまとめ、小グループで話し合い、プレゼンテーションを経て、クラスで1つ作品を作りました。

段階を経ることに生徒たちの考えが深まり、個々と集団を両方思いやれる心が育ちました。

Img_0132

新たに導入した「まなボード」。自由な発想でプレゼンすることができます

Img_0138

プレゼンテーション力を育てるのもSGPの大事な目的の一つです

Img_0145

生徒たちが考えたクラスの象徴「太陽」。明るく、元気に!

Img_0153

それぞれの目標を書き込みます

Img_0165

達成したい目標を明確に明文化させます

2017/04/27 授業 | 個別ページ

校内読書感想文コンクール

2017/01/16(月)

 中学校ではLHRの時間を使って、校内読書感想文コンクール入選作品と、中学2年「表現の科学」弁論大会クラス代表発表が行なわれました。

 読書感想文は、生徒たちが夏休みを利用して、おのおのが選んだ本の感想文を書きました。その中から最優秀賞1名(1年生)、優秀賞2名(2年生1名、3年生1名)が選ばれました。

 発表はi-Padと電子黒板を用いて行なわれました。ICTの導入が進む中で、翠陵でも様々なデジタル教材を導入しています。電子黒板は中学の全教室に配置されています。生徒たちは電子黒板から流れる動画を見ながら、仲間たちの発表に真剣に耳を傾けていました。

040_2

039

041

2017/01/16 授業 | 個別ページ

翠陵の秋は素敵です

2016/11/21(月)

日本全国各地に紅葉の名所がありますが、間違いなく横浜翠陵も名所の一つだと感じます。

今日、あいにくの曇り空でしたが、雨が降る前に素敵な写真を撮ることができました。

1枚目は校舎2階から見えるオレンジの木々

20161121_110348

隙間の向こうには体育の授業でテニスをしている高3女子生徒がいます。

受験勉強真っ只中の彼女たちにとって、体育の授業は癒しのようです。

(先週はマラソンでグランド30週走ったとのこと。それは地獄のようでしたが)

2枚目は300m道路と呼ばれる道の両脇の見事な銀杏並木

20161121_110907

この時期の鮮やかな黄色は心の癒しです。

巡回途中に思わずパチリ。

横浜翠陵の最大の魅力は四季を感じられる豊かな自然です。

このような環境の中で生徒たちは感受性豊かになります。

2016/11/21 授業 | 個別ページ

コミュニケーション研修「スタートアップ」

2016/11/16(水)

 中学2年生は第1回コミュニケーション研修を行いました。

 講師に実践コミュニケーショントレーナーの西田弘次先生をお招きし、今日からすぐにでも実践できるコミュニケーションのスキルを教えていただきました。

Img_5894

 コミュニケーションは自分の気持ちを伝えたい人に伝えて、相手の気持ちを受け取ること。

まず、自分の気持ちを伝えるとき(発信)には、

①あいさつ

②ありがとう(感謝の気持ち)

③ごめんない

④お願いします

を言うこと。

さらに、人の話を聞く(受信)ときには、

①話し手に身体をむける

②話をしてくれている人の目を見る

③笑顔を心がける

④相づちを打つ

 発信する側、受信する側に立ったときにそれぞれ4つのことを大切にしましょうと、みんなで確認しました。さらにコミュニケーションの手段には言葉以外にも視線や、ジェスチャーなどがあり、言葉以上に相手に伝える力があることを確認しました。

 これらは、知識としてしては知っていることかも知れませんが、中学2年生はこれから頭で「わかる」から「できる」に持っていくことが最終目標です。

 中学3年生になると、ニュージーランド海外研修でホームステイ体験を行います。日々の生活の中でこうしたコミュニケーションのスキルを身につけ、来年の海外研修ではさまざまな価値観や異文化を持った人々と積極的にコミュニケーションがはかれるようにしていきましょう。

Img_5903

Img_5922

2016/11/16 授業 | 個別ページ

今日のSGP

2016/11/15(火)

今年度から始まった「グローバルチャレンジクラス」

翠陵中学校に入学した人は全員、今年からこのクラスに属することになります。

このクラスの大きな特徴は、思考力、判断力、表現力(プレゼンテーション能力)を養成する翠陵グローバルプロジェクト(通称:SGP)の授業があること。

今日はそのSGPの授業がある日です。

今日のテーマは「翠陵祭の反省」

翠陵祭の反省をタブレットを用いながら全員で意見を出し合い、そして共有し、改善策の模索を行いました。

生徒のタブレット操作は、もはやお手の物です。操作の苦手な子も、得意な子に教えてもらいながら、助け合って授業を受けていました。

Img_6742

Img_6751

Img_6765


2016/11/15 授業 | 個別ページ

中学1年SGP ICT活用講座

2016/10/10(月)

校内LANが整備され、iPadによる授業が始まっています。

今年度より始まったSGP(翠陵グローバルプロジェクト)の一環としてICTを活用した講座が行われました。

"Hello World" というテーマのもと、

①”理想の世界地図を創る”ことで、世界と自分をつなげるICTスキルの基礎を学び、

②プレゼンテーション、グループワークを通して、基礎的な表現スキルを身に着けていきます。

生徒は一人一台iPadを手渡され、まずは操作の仕方から学んでいます。

まずは、iPadを使って世界ではどんなことが起こっているのか、調べました。その後、20歳になった時に、どんな世界になっていていてほしいのか?思い描いた世界に必要なものはなにか?生徒たちはiPadを使って調べていきます。

今後はiPadを利用したプレゼンテーションも予定しています。

~第1回ITC講座の様子~

Dsc05582

Dsc05598

Dsc05611

~第2回ITC講座の様子~

079

Pa050808

Pa050826

2016/10/10 授業 | 個別ページ

iPadを使用したICT授業

2016/09/21(水)

翠陵中学校ではICT教育の普及に伴い、さまざまな計画・実施を行っています。

デジタル教科書の導入

全教室のスクリーンおよびプロジェクター完備

ビッグパッドの設置(タッチが可能な大画面テレビ)

などがすでに導入済ですが、

新しい計画も順次導入予定です。

そのうちの一つがiPadを使用した授業です。

生徒一人ひとりにiPadを渡し「ロイロノート」というアプリを使用してさまざまな活動を行う、という授業でした。

昨日、中3数学の授業で試験的に行われた様子です。

Img_5933

Img_5944

Img_5931

Img_5957

iPadに送信された問題を解いて先生に送り採点をしてもらう、というシンプルな作業でしたが、グループでの競争でしたので、生徒たちはアプリの使用方法などを助け合いながら見極め、楽しそうに取り組んでいました。

iPadにアップロードされた先生からのデータを開く

iPad上で直接書き込んだり、消したりをする

iPad上の提出箱へ課題を送り、クラス全員分の状況を確認する

など、活動の範囲は多岐にわたり可能性は無限でした。

まだ試験中ではありますが、今後本格導入に向けて必要な準備を進めていきます。

2016/09/21 授業 | 個別ページ

本日のSGP

2016/09/13(火)

本年度から始まった中学1年生のSGP(翠陵グローバルプロジェクト)

この授業を通して考える力や表現する力などを養い、人間力を育みます。

本日のテーマは「オリンピック種目」

Img_5908

クラス全員一人ひとりが違う種目について調べ、クラス内で発表を行います。発表方法は、KP法(紙芝居プレゼンテーション法)。紙に説明する内容を書き込み、それを黒板に貼っていきながらプレゼンをする方法です。

Img_5895

決して長くない時間の中で、生徒は説明の仕方を工夫したり、カラフルな紙芝居を用意したりと、多種多様なプレゼンが続きました。

メジャーなオリンピック種目でも意外と知られていないルールがあったり、聞いたことのある単語の意味を知ったりと、聞いている側でもワクワクするような、そんな授業でした。

Img_5885

生徒から様々な感想が届いています。

「緊張したけど、しっかりと発表ができてよかった」

「こんなに調べたのは初めてだったので興味のなかったものにも興味がわきました」

「準備が間に合わなかったのでうまくいかなかった。悔しい」

うまく行った生徒も、そうでない生徒も、次につながるようななにかを得られたようです。

Img_5905

2016/09/13 授業 | 個別ページ